住宅ローンにかかる諸費用を安くするには?

住宅ローンを組む際には、諸費用を支払う必要があります。
まずは融資事務手数料です。
これは、様々な手続きを金融機関におこなってもらうために支払うものです。
そして住宅ローン保証料です。
これは月々のローン返済が滞った際に保証会社が一時的に立替をおこなってくれるというサービスに対する支払いです。
また、団体信用生命保険料も必要です。
万が一契約者が重度の障害を負ったり死亡したりした場合に、残ったローンの支払いが免除されるというものです。
また抵当権設定登記費用やその手数料、印紙代などもかかります。
これらの諸費用を合わせると、全部で数百万円かかる場合が多いです。
借りたお金の返済と利息の支払いに加えて、これらも支払わなければならないのです。
負担としてかなり大きいものであると言えます。
ただし諸費用は、金融機関によって大きく異なります。
たとえば団体信用生命保険への加入を求めない金融機関もあります。
その場合、支払う費用はその分少なくなります。
融資事務手数料も、数十万円のところもあれば数万円程度というところもあります。
住宅ローンを組む際には、それらの費用についてもリサーチしたうえで金融機関を選びましょう。
住信SBIネット銀行住宅ローン審査落ちた