IPO株とインターネット証券について

証券会社でIPO株を買う

IPO株は、どの証券会社からでも買うことができるわけではありません。ある会社がIPO株を10,000株発行したとします。その10,000株をいきなりみんなで奪い合うのではなく、まず証券会社ごとに株が割り当てられます。よって、割り当てのない証券会社も出てきます。先述の10,000株ですが、例えばA証券会社に5,000株、B証券会社に3,000株、C証券会社に2,000株といった形で割り当てられたとします。ここから、投資家に抽選で分けられます。そのため、上の表のA、B、Cの全ての証券会社に口座を開設をしておけば、A、B、Cそれぞれの証券会社でIPO抽選が受けられるため、その分抽選回数も増えます。これでIPOの当選確率が上がります。

インターネット証券での割り当て方法

さて、その抽選方法ですが、総合証券では、大口の投資家やお得意様に優先的に割り当てられるとされています。それに対して、インターネット証券では、コンピューターによる完全抽選で当選者の割り当てを決めているところもあるので、チャンスは平等にあります。

関連サイト

http://xn--9ckkn6335a41q9jehi335bqv0eu8j.skr.jp/
インターネット証券をお探しですか?
初心者の方もネットで株取引をはじめるための選び方について説明しているサイトなので、参考にしてください。